スタッフ紹介

一覧に戻る

高橋 勝太(たかはし しょうた)【リフォームアドバイザー】

高橋 勝太(たかはし しょうた)【リフォームアドバイザー】

■生年月日 昭和59年5月9日 おうし座 子年  誕生日の語呂が良すぎてパスワードに使えません。。。
 

■出身地 東京都世田谷区

 

■趣味・好きなこと  食にまつわること全般
料理を食べる、料理を作る、料理道具を手入れする、野菜の良し悪しを見る、肉の出来を見る、魚の鮮度を見る、旬の食材を求めて旅をする……

 

1月オススメの魚
あけましておめでとうございます。 
一年の計は元旦にあり、ということで、今年の目標は「こっそり更新を続ける」です。
こんな記事を毎月更新しているのは私だけだと思いますので、しっかり継続したいと思います。
さて本題、今月の魚ですが――
鰤-ぶり- でございます。
ぶりは出世魚としても有名で、縁起のいい魚の一つとして地方によっては正月料理の一つとして食卓にも上がります。
古くは越中から飛騨、信州を結ぶ千国街道を「ぶり街道」とも呼んでいたそうで、歴史に名高い「敵に塩を送る」道はこの千国街道を指すようです。
調べてみると、信州の一部地域ではお雑煮の具にぶりが使われており、しかも塩締めにして干を入れた「塩ぶり」!
かつて魚を扱う仕事をしている時に耳にして、手に入らなかった食材は、今は身近にあるのかもしれません。
とは言いつつ、一度だけ食べたことがある塩ぶりは、それはそれは美味しかったと記憶しています。
脂が強く、旨味が高いのがぶりの魅力ですが、塩をして干を入れることでワックス臭のある水分が抜け、濾過されたような純粋な旨味を感じたものです。
 
もし売っているお店があれば、こっそり教えてくれると嬉しいです!
 

以上、食いしん坊の独り言でした!本年も、よろしくおねがいします!

 

■特技 
・牛肉を食べれば牛さんが何を食べて育ったかがわかります。野趣溢れる牧草育ちなのか、管理された上等な飼料なのか……ただし国産のブランド牛に関しては食べたことが少ないので不得意です!目下の目標としては信州牛を味わいたいですね。

・白身魚フライを食べれば使われている魚がなにかわかります。有名なところではM社の魚バーガーはスケトウダラを使っていますね。他の魚ですとホキやメルルーサ、ナイルパーチなんていう魚もいます。白身フライは奥が深いんです!

 

■最近の私
お正月に作ったもの。
・おせち(田作り・黒豆煮・なます・昆布巻き・煮染め)
・ガーリックオイル ・ガーリックバター ・にんにくラー油
・牛のたたき ・豚の味噌漬け ・チキンステーキ
・ビーフシチュー ・アンチョビバジリコポテト
・お雑煮
     七草粥を作りそこねました。

 

■お客様へのメッセージ
綺麗であれ、美しくあれ、我が家こそが最高の家!と、誰もが願っていると思います。
外壁・屋根の塗装やメンテナンスは、そのお家の一番外側を美しく保つ仕事です。また保つだけでなく、風雨や暑さ、寒さに耐えてきて、ちょっと疲れてきてしまった外装も新築以上の美しさを目指してメンテナンスをご提案していきます。
美しくあれという皆様の願いを誠心誠意叶えていくことが私の仕事です。

カテゴリー の

その他のスタッフ紹介

一覧へ戻る

ページトップへ