植田 耀太  リフォームアドバイザー  

コンビニの水 1㍑150円 2㍑100円

少し健康に気をつけてみようかと、糖類ったっぷりの水分補給を純粋な水へと移行してみた今夏の私は、ファミリーマートに立ち寄りました。
健康へ追い風とばかりに、500ミリペットの水を買うと2リットルペットの水を頂ける、なんとも豪快なサービス実施していました。ファミリーマートの酷暑をサポートするサービス精神の大きさに驚嘆しつつ、今更水を買い始めた私は、水の売値について遅ればせながら気になるところを見つけました。
だいたい【500ミリ100円 1リットル150円 2リットル100円】と、分量と価格が全く比例していないということ。
当たり前のことなのかもしれませんが、水に対して特段気に留めてこなかった私は、理由はなんとなく想像できるものの不思議に思いました。あらためて調べてみると、市場価格と売れ筋品という2つの理由がありました。2リットルの主な市場はスーパーなどのため、価格を落とさざるをえないこと。また1リットルに比べ販売量が多く、売れ筋品は薄利でもたくさん売れるとのこと。加えて原価自体もそこまで変わらない。なのでお店によっては500ミリの方が高く販売されているところも多い。
たしかに住設機器でもカタログの真ん中あたりにある商品は売れ筋が多く、お値打ちな価格で販売できているのかと感じます。

コンビニはビジネスを学べることが多いと話を聞いたことがあり、これからも便利を購入しつつ学んでいこうかと思いました。

 プラスデコ 植田

 

 ≪≪ 伊那市 リフォーム 増改築 塗り替え ≫≫

1ページ (全456ページ中)