プラスデコ日記

天井の下地が悪い時のクロス工事

堀内 重幸 リフォームアドバイザー 自己紹介へ
2020/05/21(木) 内装・インテリア

クロス工事で、既存のボードに模様があったり溝があったりしている場合には平滑に整える作業を行います。深いところからパテを入れ乾燥してから研ぎます。それを普通は2回繰り返した後クロスを貼ります。

今回は天井ボードが台所からの湯気などを吸ってだいぶたるんでいましたので、ビス止めが必要です。部分的に止めはじめましたら気になり何十本も止めることになりました。

2回目のパテが終わりましたが、傷みが大きくこれでは治まらず3回目のパテ作業が必要でした。

手間は掛かりましたが、手を入れれば入れただけちゃんと綺麗になりました。

 

プラスデコ 堀内重幸

 

≪≪ 伊那市 リフォーム 増改築 塗り替え ≫≫

記事一覧

1ページ (全400ページ中)

ページトップへ