プラスデコ日記

スレート屋根の雨漏り解決!ガリバリウム鋼板カバー工法③

有賀 武雄 リフォームアドバイザー 自己紹介へ
2018/12/18(火) 業務の中で外壁・屋根

雨漏りでお困りのスレート(コロニアル)葺き屋根のお客様宅。10年程前に一度、塗装工事を施していましたが、スレート屋根の主な材料であるセメントが雨で溶出し白華、また棟押さえの板金部分からも雨漏りしていました。使用した鋼板は、協和の晴天(あっぱれ)ルーフ。ハゼ部の横のライン、アヤメ折りの縦のラインで継ぎ手が目立ち難く、意匠性に優れた屋根材です。(前回までの様子は、カバー工法前の工事は①へこちらカバー工法施工始めた時点は②へ) 今回で3回目、完了の様子をご覧ください。

 

屋根カバー工法

▲Before

屋根カバー工法

▲After

屋根カバー工法

▲After 雪止めとスノーネットを取付けた部分 

 

屋根カバー工法 

▲Before

屋根カバー工法

▲ After

既存壁と屋根カバー工法との取り合いは、雨水が入らないようシーリングで納めています。 

これで、この冬は雪が降っても積もっても、雨漏りの心配はいりません。美しく雨漏りのしない屋根になり、お客様にも安心していただけ私も嬉しく思います。

屋根カバー工法の部分的なBefore Afterは、施工事例をご覧ください。

プラスデコ 有賀

 

≪≪ 伊那市 リフォーム 増改築 塗り替え ≫≫

記事一覧

1ページ (全370ページ中)

ページトップへ