プラスデコ日記

既存の障子を残して、出窓に樹脂内窓を取り付ける

中村 寿恵 リフォームアドバイザー 自己紹介へ
2018/12/26(水) 小工事

今日は和室の出窓へ樹脂内窓の取付工事。
既存の障子はそのままで、出窓のスペースを利用して、取付します。

ぱっと見、上手く枠がついたように見えますが、実はこれから歪みの調整。実は横長の長方形の形を、上から潰したようなひし形になっています。既存の下地とインプラスの枠との隙間を埋めるスペーサーを使い、歪みを治します。

5mm 3mm 1mm といろいろなサイズがあるスペーサー。隙間に合わせて選択をします。

スペーサーを使うと、その部分が数mm隙間が空きます。この隙間はコーキングをし、気密性を高めます。

 

今回は向かって左端にスペーサーを使い、歪みを直しました。

もともと付いていたカーテンレールを戻して、作業完成です!

当初は、既存の障子を外して、障子風の組子入りの樹脂内窓を取り付けるという案もありましたが、他の壁面の障子のデザインとの兼ね合いで、今回のような方法での施工となりました。和室の雰囲気を全く変えることなく、気密性がアップしました!

プラスデコ 中村

 

≪≪ 伊那市 リフォーム 増改築 塗り替え ≫≫

記事一覧

1ページ (全370ページ中)

ページトップへ