プラスデコ日記

VRでご提案

植田 耀太  リフォームアドバイザー 自己紹介へ
2019/02/22(金) 業務の中で

新築、リフォーム、修理。
どのような時でもお客様に対して正確にわかりやすくお伝えするよう精進しています。

スケッチ、模型、見本といったアナログで触ることのできる提案方法から、パソコンを使ったシュミレーションなど様々な提案方法を用いています。

プラスデコでは簡単な平面図や3Dの見取り図の作成にA's(エース)という設計ソフトを使っていました。
長年愛用させていただいてましたこのソフトが今年に入り、びっくりするほど大幅なアップデートを行いました。
3Dのモデルは一層リアルになり、断熱や採光などの計算も可能となりました。

なかでも一番気になるのがヴァーチャルリアリティ、通称VRを用いたプレゼン方法です。
ゲーム業界だけの話かと考えていた自分にとって、この新時代のプレゼン方法が自分の成長の遅さを思い知り、恐ろしくもなりました。

使い方は平面図をソフトに落とし込めば自動的に3Dに起こし上げてくれます。
細部を調整していけば設計プランに沿ったリアルな空間が目の前に広がる、、、
とのことなのですが、まだまだ使いこなせていません。

さらには携帯アプリも開発され、無料で連携することができるようになり遠方のお客様へも3D図面をご提案することが可能となりました。

建築のあらゆる分野が進化していくなかで、お客様へプランをお伝えする方法も新しい手法がどんどん開発され、改めて楽しい業界であると感じ、自分自身も成長しなければと強く感じる今日でした。

 

 プラスデコ 植田

 

≪≪ 伊那市 リフォーム 増改築 塗り替え ≫

記事一覧

1ページ (全370ページ中)

ページトップへ