プラスデコ日記

関の外壁塗装工事 作業工程レポート④ 外壁塗装<上塗り>

関 圭次郎 リフォームアドバイザー 自己紹介へ
2018/11/08(木) 外壁・屋根

 塗装ではたくさんの工程を経て、素敵な外装へと仕上げていきます。

標準塗装工程は、足場仮設→高圧洗浄→養生→下地補修→下塗り→中塗り→上塗り→足場撤去 = 完成 です。

前回は塗装の一番始めの工程、「下塗り」をご紹介しました。今回は、「上塗り」をご紹介します。

 今回、K様邸の上塗り塗料はアステックペイントの「プラチナECコート5000EX」を使用いたしました。

こちらの塗料はモルタルやサイディングなどのひび割れが多い外壁に対し非常に有効な塗料になります。

こちらはアクリル板に塗った後に剥がした塗料です。このように伸び、なんと伸縮率は600%です!

伸縮性が高い塗料を塗ることによって施工後の漏水のリスクを下げるメリットがあります。

K様邸ではうっすらと緑がかった「セラドングリーン」という色で施工を行っています。

 

次回は、色や塗料を塗り分け、家の印象を変えた施工事例の Before   After をご紹介いたします。

プラスデコ 関

 

≪≪ 伊那市 リフォーム 増改築 塗り替え ≫≫

記事一覧

1ページ (全362ページ中)

ページトップへ