プラスデコ日記

スレート屋根の雨漏り解決!ガリバリウム鋼板カバー工法②

有賀 武雄 リフォームアドバイザー 自己紹介へ
2018/11/20(火) 外壁・屋根

雨漏りでお困りのスレート(コロニアル)葺き屋根のお客様宅。10年程前に一度、塗装工事を施していましたが、スレート屋根の主な材料であるセメントが雨で溶出し白華、また棟押さえの板金部分からも雨漏りしていました。

お施主様ご希望の塗装工事では雨漏りを止める事は不可能でしたので、屋根板金カバー工法をお勧めしました。屋根板金工事前に雨漏りで傷んだ軒天と破風の補修をしました。この補修の様子は前回の日記をご覧ください。

軒天と破風の補修後、屋根の工事に入ります。雨漏りのひどい部分、北側のスノーネットを外します。

スノーネットの下は土が堆積し、苔が生えている状況でした。

土ぼこり、苔をきれいに除去。

 

画像

下り棟を取外し。

 

既存屋根表面を清掃後、防水シート(アスファルトルーフィング )を下葺きします。

  

このように、下部から鋼板を張っていきます。今回使用したのは、協和の晴天(あっぱれ)ルーフ。ハゼ部の横のライン、アヤメ折りの縦のラインで継ぎ手が目立ち難く、意匠性に優れた屋根材です。

次回は、完成までの様子をお伝えします。

プラスデコ 有賀

 

≪≪ 伊那市 リフォーム 増改築 塗り替え ≫≫

記事一覧

1ページ (全362ページ中)

ページトップへ