赤須恵美子 設計・経理 自己紹介へ

シリコーン等による石油ファンヒーターへの影響。機器の故障の原因になります!

2023/02/02(木) お役立ち情報

石油ファンヒーターを使っている部屋でシリコーン配合のエアスプレー等を使用しないでください。機器の故障の原因になります!

先日、我が家で使用しているコロナ製のファンヒーターがエラーE4で頻繁に止まるようになってしまいました。この寒いのにー、困るーと思いつつ、Webで調べると、メンテナンスに依頼したほうがよい様子。メンテナンスに依頼するとお金かかるし、ホコリがたまっているくらいなら、裏のパネルを外してホコリを撤去すれば、解決するかなと実行!しかし、エラーE4は出てしまう。。

仕方なく、コロナのメンテナンスに依頼。2日間の入院で戻ってきました。1万円弱の修理費でした。
メンテナンスの方のお話によると、エラーの原因は、ホコリも多少あるが、他が主な原因だったとのこと。その他の原因は、シリコーンです。と、1枚紙を渡されました。私は、今まで、シリコーン等による石油ファンヒーターへの影響について、何も知りませんでした。PDFはこちらをご覧ください。

以下、コロナのホームページより引用させていただきました。

  • 石油ファンヒーターを使用する部屋でシリコーン等を含む商品を使用すると、シリコーン等が本体内に吸入され、炎検知器(フレームロッド)周辺に白い酸化物が付着し、着火不良や途中消火といった症状が発生します。飛散、蒸発したシリコーン等は目には見えません。
    ※このとき、エラーや換気警告ランプが表示されます。

シリコーン等配合製品を使用したときの現象(白く変色)

石油ファンヒーター シリコーン

温風吹き出し口が白くなっている。

私、白くなるのは、熱で塗膜が劣化したと思い込んでました。この認識は、間違いです。

石油ファンヒーター シリコーン

バーナヘッドや炎検知器が白くなっている。

これは、、いくらホコリを撤去しても無理ですねー。でも、シリコーン入りのもの、、柔軟剤使った洗濯物を干したくらいしか思いつかない。。

 

シリコーン等による影響の原理

石油ファンヒーターでは炎検知器とバーナの間を流れる微量な電流を測定し、燃焼状態を常に監視しています。
シリコーン等配合の製品を石油ファンヒーターと同時使用された場合、飛散・蒸発したシリコーン等が燃焼用空気と共に燃焼室内部に入り込み、高温によって「シリコン酸化物(白色の粉)」として炎検知器に付着します。シリコン酸化物は高温でも分解されにくく、一度付着すると自然には取れません。また、電気絶縁性が高く、電気の流れを阻害して安全装置が異常と判断し運転を停止させます。

石油ファンヒーター シリコーン

石油ファンヒーター シリコーン

 

成分表示と影響度について

一般にシリコーンは撥水性があり、べたつきのない、さらさらしたなめらかな感触が得られることから、近年は様々な製品にシリコーンが配合されています。
またシリコーン等のシリコン化合物含有製品は「○○シリコン○○」「○○シリコーン○○」「○○メチコン○○」「○○シロキサン○○」「○○シラン○○」「シリカ」などと表示ラベルに成分表示がされる場合があります。

シリコン化合物含有製品の影響度は配合量使用量、使用頻度、揮発性(またはスプレー等による飛散・蒸発のしやすさ)、石油ファンヒーターとの距離、位置関係、換気状態等により異なりますが、シリコン酸化皮膜は蓄積されていくため、長期間使用後に影響が出ることもあります。

化粧品については2001年から薬事法により全成分表示が義務付けられており、シリコン化合物は「○○メチコン○○」等と表示されています。特に「シクロメチコン」「シクロペンタシロキサン」は揮発性が高く注意が必要です。

洗い流さないヘアートリートメント等には石油ファンヒーターの故障の原因になる旨の表示がされている場合があります。ご使用には十分注意してください。

※シリコンとシリコーンという呼び名が出てきますが、一般的には区別するためにシリコンは珪素単体を指し、シリコーンはシロキサンポリマーを指しています。

シリコーン等配合製品には下のようなものがあります。
※石油ファンヒーターに関する使用上の注意がないものでも同時使用は控えてください。

  • 化粧品類(ヘアトリートメント、枝毛コート剤などのヘアケア製品、保湿用などのクリーム等)
  • 衣類等の撥水剤、柔軟剤等(防水スプレー、アイロン用スプレー、静電気防止剤、しわ伸ばし用スプレー等)
  • 家具等の艶出し剤、保護剤

【ご注意】
すべてのメーカーの製品に配合されているとは限りません。また、影響度は揮発性、配合量、使用量などにより大きく異なります。

シリコーン等による影響を防ぐために

  • 石油ファンヒーターの故障の原因になる旨の表示がされているヘアケア製品等は石油ファンヒーターと同時に使用しないでください。
  • その他のシリコーン配合製品も同時使用は控えてください。
  • やむなくご使用になる際は石油ファンヒーターの運転を一時的に停止し、使用後は換気を十分に行ってシリコーン等の成分を屋外に排出してから運転を再開してください。

 

2014年2月6日のプラスデコ日記に、私が、コーヒー缶に入っているシリコーンについて書かせていただいたことがあります。その記事では、食品に入っていても微量なので問題ないという結論でした。
しかし、今回は、暖房機器に営業するということなので、シリコーンが入ったスプレー缶などは、石油ファンヒーターをご使用の部屋では、使わないほうが、機器を長くエラーも出さず、ご使用いただけると言う事です。

電気代が高騰している今、石油ファンヒーターをご使用のご家庭も多いのでは。皆様、お気をつけてご使用くださいませ。

プラスデコ 赤須 ☺

 

≪≪ 伊那市 リフォーム 増改築 塗り替え 屋根塗装 外壁塗装≫≫

1ページ (全473ページ中)