蟹澤 弘一 現場管理・物流 自己紹介へ

現場調査や施工時に保護材を使用します。

2015/02/17(火) 業務の中でひとりごと

 

現地調査や工事を施工するときに、脚立は必需品。

お客様の商品を傷をつけないために室内の施工は特に気をつけます...

 

 

その為資材等に傷つけない為の保護材を巻きます。

 

 

通常は柱や枠を衝撃を保護する為の緩衝材で発砲ポリエチレン製です。

 

 

床に傷つけないように養生を行い。

 

室内で部位ごとに巻きます。

 

 

準備が整いこれで施工ができます。

 

(プラスデコ 蟹沢)

 

≪≪ 伊那市 リフォーム 増改築 塗り替え ≫≫

1ページ (全456ページ中)