りんごのおはなし

2014/12/22(月) ひとりごと

 

皆さん、こんにちは。

今日はりんごの話をしたいと思います。

 お世話になったお客様からりんごをいただきまして、早速タルトにしました!

 

 そのままりんごを剥いて食べたとき、とても甘かったので、煮詰めるときは砂糖を少なめにしました。りんごの下のカスタードも甘さを控えめに。そのおかげか、ちょうどいい甘さのタルトができあがりました!

それから、まだもうひとつあるので、別の日にシナモンとヨーグルトのアップルコンポートを作りました。

 これ、手順がとても簡単なんです!

りんごを半分にして三温糖をかけます。それからその上からシナモンパウダーをかけて500Wの電子レンジで10分。最後にヨーグルトをかけて完成です。シナモンの香りとりんごの甘さがマッチして美味しかったですよ~^^ ヨーグルトをかけたことで食べやすくなっています。

話は美術に飛びますが、りんごをモチーフに、私はよく習作を描きます。

それは、ひとえにポール・セザンヌ(Paul Cézanne)の影響だと言えます。セザンヌは私にとってかけがえのない存在であり、絵を描くときは、いつもセザンヌの「自然と常に対等でいること」という精神を持ちます。セザンヌの静物画のなかで一番有名なのは《りんごとオレンジのある静物》です。

《りんごとオレンジのある静物》(1895-1900)、73×92cm、油彩・画布、オルセー美術館所蔵

私のは習作なのでここでお見せするのは、はばかれますが、いつかセザンヌが生涯をかけて追っていた「存在の幾何学」を描きあげられるようになりたいです。

皆さんはりんごの思い出、なにかありますか?

 

◆◆◆ プラスデコ 田原 ◆◆◆

 

≪≪ 伊那市 リフォーム 増改築 塗り替え ≫≫

 

1ページ (全459ページ中)