MOKリバ工法でログ外壁を濃い色から明るい色へ シーリング、MOKリバーコートパイン塗装~漆喰部分塗装完了

2014/11/25(火) 外壁・屋根

 

りんどう荘の外壁木部、リニューアル2期工事が完成しました。先月の外壁木部の表面を、桃の種粉をエアーで吹付けし削る方法(ブラスト作業)で綺麗にする工程の続きをご紹介します。

ブラスト完了後 漆喰壁と木部取合い、木と木の取合いのシーリング作業中。

 

木部の塗装始めました。塗料は大谷塗料㈱のMOKリバーコートパイン色です。

 

浸透性塗料なので木部にしっかり染み込ませる様に塗ります。基本的には1回塗りで仕上ます。

 

黒かった木部が、鮮やかなオレンジ色に変わりました。

 

漆喰壁は黒かびが発生しており、カビ除去剤を塗布し、カチオン系アクリル塗料白で仕上げ完成となりました。

 

 

このように、MOKリバ工法は黒くなってしまったり、濃い塗料が塗られた木部を、明るい色へ塗装し直す事が出来ます! 自然の実から作った材料で表面を削るので、環境にも人にも優しい工法です。お施主様にも大変喜んでいただきました。

 

プラスデコ 伊藤 

 

≪≪ 伊那市 リフォーム 増改築 塗り替え ≫≫

1ページ (全459ページ中)