プラスデコ日記

3/27はなんの日?

高橋 勝太 リフォームアドバイザー 自己紹介へ
2019/03/27(水) ひとりごと

こんにちは!暖かくなってきてタオルが手放せなくなってきた高橋です。
え?そんなに暑くないじゃないか?ところがどっこい、大きい方の高橋は10℃超えると汗が出ます!

暖かくなってきたといえば、今年は桜の開花情報が朝のニュースを賑わす頃ですね。
そして本日3/27は「3(さ)×9(く)=27」ということと、七十二候「桜始開(さくらはじめてひらく)」が重なり、さくらの日だそうです。

しかし、食い意地の張った高橋は普通に桜の紹介などしません。
今回は桜をつかった食べ物について話をしようと思います。

桜を食べましょう!といえば、まずは桜餅の葉っぱを思い浮かべるかと思います。
生の桜の葉っぱには香りがありませんが、塩漬けにすることであの独特の香りがでてくるそうです。
また、味気の少ない餅と甘みが強すぎるアンコに適度な塩みを加えて味を引き締める効果もあるそうです。
余談ですが、あの葉っぱを食べるか食べないかは自由だそうです! 私は食べます。

もっと風流なのは、桜の花の塩漬けですね。
お湯を注げば桜の花のお茶になりますし、さくら餡のアンパンにちょっと乗っていたら嬉しいですね。
その他にも春を感じさせるアクセントとして、おしゃれなお店では重宝する素材です。
個人で手に入れるにはちょっとお高い、特別な食べ物感もあります。

そして忘れてはいけないのは「さくらスモーク」です!
燻製に使われる桜はほとんどが山桜です。力強いワイルドな香りで素材に負けないので、ラムや豚肉、川魚と相性が抜群です。
特にベーコンなどは、かじったときに鼻に抜ける燻煙の香りが最高ですね。逆に感じないと残念な気持ちになります。
休日は河原でのんびりと、スモーカーの煙を眺めながら読書というのも悪くありません。
もっとも、最近は子どもたちと遊びすぎてスモークに使う時間なんかありませんが!

やっと春らしくなってきて、心もウキウキしてきますね。
そういえば昨年、高遠の桜を見に行ったとき、私の故郷の銘菓が置いてありびっくりしました。
確かにありました……さくら味……
意外なところで縁を感じる、高橋勝太でした!

 

≪≪ 伊那市 リフォーム 増改築 塗り替え ≫≫

記事一覧

1ページ (全379ページ中)

ページトップへ