プラスデコ日記

『2019年 次世代住宅ポイント』のお知らせ

赤須恵美子 設計・経理 自己紹介へ
2019/05/21(火) お知らせお役立ち情報

2019年 次世代住宅ポイント』のお知らせです。消費税率10%の工事をした住宅を対象に、最高60万ポイントがもらえる制度が始まります♪

対象期間
請負契約・着工 2019年4月1日~2020年3月31日 かつ お引渡し 2019年10月1日以降(消費税率10%適用)

一戸あたりのポイント上限  申込者の年齢により上限ポイントが違いますのでご注意ください。

若者・子育て世帯※1 既存住宅を購入しリフォームを行う場合※2  600,000ポイント/戸

若者・子育て世帯※1 上記以外のリフォームを行う場合※3 450,000ポイント/戸

一般の世帯 安心R住宅を購入しリフォームを行う場合※2  450,000ポイント/戸

一般の世帯  上記以外のリフォームを行う場合 300,000ポイント/戸

※1 若者世帯:2018年12月21日時点で40歳未満の世帯、子育て世帯:2018年12月21日時点(または申請時点)で18歳未満の子を有する世帯
※2 自ら居住することを目的に購入した住宅について、売買契約締結後3ヶ月以内にリフォーム工事の請負契約を締結する場合に限る
※3 自ら居住する住宅でリフォーム工事を行う場合に限る

 対象工事
1. 開口部の断熱改修 内窓設置、外窓交換、ドア交換等
2. 外壁・屋根・天井・床の断熱改修
3. エコ住宅設備の設置
 節水型トイレ、高断熱浴槽、節水水栓、高効率給湯機 設置等
4. バルリー改修 手摺の設置、段差解消、廊下幅等の拡張等
5. 耐震改修
6. 家事負担を軽減する設備の設置 ビルトイン食器洗機、掃除しやすいレンジ、宅配ボックス等の設置
7. リフォーム瑕疵保険への加入
8.インスペクションの実施 対象 :2018年12月21日以降に、既存住宅状況調査技術者講習を修了した建築士が基準に従って行う建物状況調査であること /ポイント発行申請者が費用負担していること / 共同住宅の場合は住戸型のインスペクションであること
9.  若者・子育て世帯が既存住宅を購入して行う一定規模以上のリフォーム
対象 : 若者・子育て世帯が自ら居住することを目的に購入した既存住宅であること / 売買契約締結後3ヶ月以内にリフォーム工事の請負契約を締結すること / 税込100万円以上のリフォーム工事を行うこと

 

ポイント発行の申請は工事完了後に行います。ただし、「注文住宅の新築」、「新築分譲住宅の購入」および「1千万円以上のリフォーム工事」については工事完了前であっても、申請に必要な書類が整えばポイント発行申請は可能です。

申請は、原則対象住宅の所有者が申請をすることとなっていますが、当社が代理で行うことも可能です。詳しい内容は、次世代住宅ポイント事務局HPリクシルのHPにわかり易く紹介されていますのでご覧くださいませ。『2019年 次世代住宅ポイント』対象工事を含んだリフォーム工事のご相談は当社でも賜っていますので、お気軽にご相談くださいませ。

フリーダイアル 0120-55-1581  または メール にてお待ちしております。

 プラスデコ 赤須 ☺

 

≪≪ 伊那市 リフォーム 増改築 塗り替え ≫≫

記事一覧|2019年5月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ