赤須恵美子 設計・経理 自己紹介へ

住宅設備・建材メーカー15社が値上げ発表!

住宅設備・建材メーカー15社が、値上げを発表しました。

住設建材メーカー15社値上げ発表!
 リフォーム産業新聞 1497号(2022/03/21発行)より

理由のひとつは、原材料の 銅、樹脂、鋼板 の高騰。
銅は、主に水洗金具に使われ、水栓の表面はニッケルクロム鋼でメッキが施されているが、内部など主要な部分は銅が占めている。
樹脂は、アクリル系が人工大理石やユニットバスの壁に使われたり、エポキシ樹脂がキッチンのカウンターなどさまざまな製品に使用。さらに、FRP(繊維強化プラスチック)が便座にも使われる。
鋼板は、建具などに使用されている。アルミニウムは13年ぶりとなる高値。原料となる鉱石ボーキサイトの主要生産国ギニアで政変が起こったことなどが背景。
インフレを招いた要因は、自然災害や新型コロナウイルス感染拡大による工場閉鎖、コンテナ不足、原油高騰、木材高騰等などサプライチェーンのひっ迫によります。

LIXILは、4月1日より 住宅用サッシが10~12%程度、エクステリア関連が10%程度、トイレが2~33%程度、ユニットバスルーム4~39%程度、キッチン2~11%ほどの値上がり。

TOTOは、10月1日より 衛生陶器が3~8%、ユニットバス・システムバスルームが6~20%程度、システムキッチンが2~7%ほどの値上がり。

IHクッキングヒーター、給湯器、エコキュート、便器・便座などの設備機器は、未だ注文してもすぐ納期回答がすぐ出ない状況です。リフォームや機器交換は、余裕をもってのご計画をお願いいたします。

プラスデコ 赤須 ☺ 

 

≪≪ 伊那市 リフォーム 増改築 塗り替え ≫≫

1ページ (全2ページ中)