2021年 新年のご挨拶

 あけましておめでとうございます。旧年中は格別のご愛顧を賜り誠にありがとうございました。

 昨年は、“新型コロナに翻弄された一年”と総括したくなりますが、コロナは、これまでの私や我が社の“あたりまえ”を有り難さに変え、変化のブレーキを踏んでいるのは私たち自身だと知らせてくれました。テレワークやオンライン会議はあっという間に一般化し、「無理だ!」から、「時短に最適!」に意識は変わりました。その一方で、どんな努力も報われず苦しむ業界を横目に、我が身の痛みとは感じ切れないのんきな自分も思い知っています。

 一年前には、「誰よりも学び、誰よりも優る成果を出せるよう、従来の倍のスピードと量で、全員で、チームプレーで仕事をする」と決めていたのに、コロナ禍を前に右往左往して、大切な一年の計を忘れていた反省もあります。

 本年はありたい姿から逆算し、2021年末までに到達している姿を明確にして計画的に進めると決意しています。正解が一つでないリフォーム工事で皆様に頼りにして頂きたいのは、「プラスデコなら安心」という信頼です。そのために最新で最高の知識や提案、技術力や保証として表せる施策の実現を計画し、お客様と共有する予定です。加えて、お客様に愛され選ばれる会社として「未来の勇気になる人」としてつながりたい。創業から今まで先輩たちが守ってきたものや変えてきたものを確かにして、ときに引き・加え・割り・乗じて積み重ねる。この1月には、私たちが何のために、何を実現していくかを 「NCCの大切なもの」としてリリースすることも計画中です。

 成果を最大化するには、私をはじめ、メンバーの心身と知力の両面の健康充実を測ることも大きなテーマです。ある社長から、「お休みこそ、将来の目標のために時間を使った方がいい」とアドバイスされたことは前にもお話しました。今の日本は3日に1日がお休みです。休みの使い方で格差の広がる時代になりました。ネットで検索すると、ビジネスパーソンにお勧めの休み方は次の3つでした。 「セミナーや勉強会を受講する…知識習得や新たな出会いのある。」 次に、「今の仕事の技量を生かした副業…自分の仕事の市場価値を測れて収入になる。」 最後に、「新しいことを学ぶ…特におすすめがプログラミングで新たな仕事にも就ける。」

 この休みの過ごし方提案をどう受け止めるでしょうか。私は、増えた休みは、自分を磨くために、将来の夢につながるように自由に学ぶことに使いたいと思う。より良い未来につなぐ選択をしたい。

 また、私には仕事人としての願望と家庭人としての夢がありますが、働き方・休み方改革的に言えば、両方をあきらめない選択をする。受けたい研修があれば、妻を誘って二人のコミュニケーションの機会にもするとか、休日を 返上して仕事の場合なら、旅行先で仕事もするワーケーションにしてもいい。

 ネット環境や新技術が少量多品種のニーズ対応すら可能にしている事実は、現在が、キラリと光る個人や小規模事業者、スペシャリストの時代になったことを示しています。人の役に立てるスキルやネットワーク、構成能力があるなら、新たな価値は生み出せる。そのためには、何かを始めたら一点集中してプロになる!です。

 スキルを身につけ、高め、それに「思い」を乗せて成果に貢献できる私たちになる。これは、私たちプラスデコの 使命を果たすのに不可欠な修練です。営業としてでなく、スペシャリストとしてお客様の最高の時間づくりに貢献 できる人であり、チームであり、組織であること。この道を迷うことなく本年を歩んで参ります。

 皆様の2021年が、多くの夢の実現とご健康でかけがえのない年となりますことを心よりお祈りしています。

プラスデコ代表 原田 学

プラスデコのこと|社長の思いつ記

ページトップへ